自転車に乗っていたら自動車と正面衝突してしまいました

私が事故に遭ったのは、今からもう10年近く前のことです。

当時友人との約束の場所に自転車で向かっていた私は、歩道を並んで歩くおばさんを避け、車道に出たのです。その際にフラフラと車道側に出てしまっていたのか、T字路を右折してきた車と正面衝突してしまったのです。

奇跡的にも私は全身打撲と首のむちうち程度で済んだものの、自転車は干物のような状態となってしまい、相手方の車(小型のバンでした)のフロントガラスはバキバキに割れてしまっていたのです。

軽い検査と怪我の処置程度で済んだのですが、後日相手型の保険会社を名乗る人間から電話が来ました。

内容的には「今回の事故の過失割合は10:0であなたが悪い。修理費を払え」というものだったのです。無論私にも過失はある程度はあると思っていましたが、相手方の前方不注意などはなかったのかなど疑問しかなく、弁護士に相談してみることにしたのです。

過去の事例などを詳しく説明してくれましたが、どうやら私の方が過失割合が高いらしく、結果は相手との示談となり、過失割合は8:2で落ち着くことになったのです。

相手の車の修理費と、自身の通院費用を足したものを私が8割負担することになり、怪我もしたため踏んだり蹴ったりな目に遭ってしまったのです。

交通事故の際、昨今では自転車はかなり厳しい立場にあるそうで、昔はもっと過失割合が低かったとも弁護士さんに言われました。

自転車にはかなり多くの方が乗っているかと思いますが、ちょっとしたことで大きな事故を起こしてしまったり、巻き込まれてしまうこともあります。必ず自転車に乗る際は周囲に気をつけ、無謀な運転はせずに大人しく走るべきところを走行するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする